体操NIPPON - オフィシャルファンサイト

Facebook

種目紹介 - APPARATUS

つり輪 - STILL RINGS つり輪 - STILL RINGS

連結された支柱の天辺から2本のケーブルが吊り下げられ、その末端に取り付けられたリング(輪)を握って演技を行います。演技は、振動、力および静止技をほぼ同じ割合で構成し、またこれらを多様に組み合わせて「静から動」、「動から静」と変化をもたせて実施するのが特徴です。また、演技は懸垂、支持、倒立などの姿勢で行い、ただし、それらは両腕をまっすぐに伸ばした伸腕での実施が優先されなければなりません。ケーブルの揺れやケーブルの交差は認められません。

[高さ]床面からリングまで280cm、マット上から260cm